島人ママの親子で楽しむ!めんそーれ子育て情報局

沖縄で楽しく子育てをテーマに、沖縄で過ごす休日・観光に親子で楽しめる、遊び場やお食事処をご紹介。子育てコラムもおすすめです♥

またまた参戦!!ヒルトンの北海道フェアでいくらの食べ放題♡

こんにちは。沖縄もようやく冷え込んできました。ムーチービーサが遅れてやってきたようですね。

 

 

昨日は、友人とその子どもたち、家の子どもたちの総勢7名でヒルトン北谷の北海道フェアに行ってきました♪私と友人は2回目。リピーターです♡

 

 

kokohare.hatenablog.com

 

 

この前食べに行ったときに、あんまりおいしいのでお互いのイクラ・カニ好きな子どもたちの顔が思い浮かんで「今度連れて来よう!!」ということになったわけです。子どもには贅沢かなぁとちょこっと思いながらも、ちょっと奮発して頑張りました。

 

f:id:kokohare:20170115132425j:plain

今回はしっかりカニ・いくらも食べつつ、てびちやイナムドゥチなどその他の料理も楽しみました。ヒルトン北谷は、沖縄料理もありますがアジア系の料理も充実しています。

 

 

我が家は私と中学生の娘2人分だけ料金が発生(中学生からは大人料金)しました。幼稚園生と保育園の男子たちは無料☆

 

 

長女はカニ、長男次男はいくらと自分の好きなものを好きなだけ食べていました(*'ω'*)でも、一番喜んでいたのはチョコレートファウンテン!!マシュマロやパンなどにチョコを付けて喜んで持ってきていました♪

 

 

ゆっくりご飯を食べた後は、北谷アメリカンビレッジのシンボル、観覧車に乗りたがったのでみんなでGO~(^^♪

 

 

1台だけ黄色のゴンドラがあるのでもちろん子どもたちは狙っています。無事、黄色のゴンドラに乗り込むことができてみんなご満悦♡

 

f:id:kokohare:20170115132213j:plain

 

 

ヒルトン北谷の北海道フェア、好評につき2月末まで延長決定だそうです。みなさんもぜひ~♪

 

 

 

kokohare.hatenablog.com

 

 

kokohare.hatenablog.com

 

 

トップへ戻る

妹の結婚プチ祝いに、AMOMAの妊活ブレンドをプレゼント♡

年末(2016年)の話になりますが、私の可愛い妹がめでたく♡結婚♡しました。

 

 

28歳の妹。実は以前からすごく子どもを欲しがっていて、すぐにでも!という気持ちがあるみたい。旦那さんと二人で我が家のウーマク男子2人をよく遊びに連れて行ってくれてとっても懐いています。(ありがとう)

 

 

そこで!良い機会だったので私も妊活の時期に飲んでいた(その後妊娠)ハーブティを結婚のプチ祝いとしてプレゼントしましたよ(*'▽')

 

 

f:id:kokohare:20170114235907p:plain

⇧こちらは私が以前飲んでいた AMOMA妊活ブレンド です。

 

 

私は長男の授乳中にのむお茶やコーヒーを探していた時にAMOMAのハーブティを知ったのがきっかけでしたが、授乳中や卒乳期、妊活中の女性向けと、女性のライフスタイルの中で訪れるいろんな時期に合わせたハーブティがそろっているのが面白いなぁと思いましたよ。

 

 

私は職場に持っていってお昼時間によくお世話になりました。飲み始めてから次男を授かるまで確か2~3か月だったと思います。 

 

 

妹にもその話⇧をしてプレゼント♡すぐに旦那さんのところに持って行って笑い合っている二人がとっても可愛かった~♡

 

 

二人にも可愛い宝物が授かりますように。

おばちゃん、楽しみ(笑)。

 

 

 

『AMOMA』のオーガニックハーブティー

 

 

kokohare.hatenablog.com

kokohare.hatenablog.com

 

トップへ戻る

ハチムーチーの姪っ子のために今年もムーチー作りをしたよ♪

大分、時期が過ぎてしまいましたが今年は、旧暦の12月8日が1月5日でしたね。1月5日はまだ正月気分が抜けなかったせいでむーちーづくりをする気力がなかったので、我が家は1月7日に義母と一緒にむーちーづくりをしました。

 

 

f:id:kokohare:20170113233618j:plain

ムーチー(餅、鬼餅)は、沖縄県で食される菓子の一種。「」の沖縄方言であり、サンニン(月桃)の葉で巻くことから「カーサムーチー」と呼ばれることもある。餅粉をこね、白糖や黒糖、紅芋などで味付けを行い、月桃の葉で巻き、蒸して作る。旧暦の12月8日(グレゴリオ暦では概ね1月)に、健康・長寿の祈願のため縁起物として食される。ムーチーを食べる旧暦の12月8日(新暦の1月下旬から2月上旬)は沖縄では最も寒い時期であり、この時期を沖縄方言ムーチービーサー(鬼餅寒)と呼んでいる。

wikipediaより引用

 

 

自分たちの家で作ることも多いのですが、今年は昨年誕生した姪っ子の初ムーチー(ハチムーチ:生まれて最初のムーチーの日)だったので、大量に作る必要があったのでお手伝いがてら自分たち分も一緒に作ることにしました。

 

 

沖縄では、ハチムーチ―の時には、親戚やご近所さんにもムーチーを作っておすそ分けする風習があるのです。「みなさん、新しく生まれたうちの子をどうぞよろしくお願いします」という気持ちも込められているんでしょうね。

 

 

長男次男を連れて義実家へ。義実家も私の実家にもムーチー葉(月桃の葉っぱ)が植えられています。この月桃のは、田舎に行くと結構な確率で自生していることも多く、ウニムーチーの時期にはスーパーなどでも売られていますが購入した記憶がありません。ご近所さんやお友達に声をかければ誰かしらが調達して来てくれる感じです(笑)。

 

 

子どもたちは保育園や幼稚園でムーチーづくりをするところも多いので、結構作り慣れていると言ってもいいかも。うちの子どもたちも幼稚園と保育園それぞれでムーチーづくりをさせてもらいました。中には小学校でもムーチーづくりの時間がある学校もあります。

 

 

なので、ムーチーの葉っぱにムーチーの素を包む作業も6歳になればお手のものです(*^^*)こんないたずらも(本人は「当たり」だと言っていましたが)余裕です。

 

f:id:kokohare:20170113233929j:plain

紅芋もちと白もちを併せた「二色もち」⇧

 

 

お土産もたくさんもらって帰りましたが、この時期給食にもカーサ―ムーチーが出てくるので、どこの学校に行っても職員室でムーチーを頂けます♡サンニンの葉の香りが何ともたまらない、最高のおやつです。

 

 

 去年の記事はこちら⇓

kokohare.hatenablog.com

kokohare.hatenablog.com

 

 トップへ戻る

 

頭が痛い~生理前の辛い1週間の始まり始まり・・・

新年早々、昨晩から鈍い頭痛がしております。

 

f:id:kokohare:20161208111043j:plain

 

12月の半ばから仕事もプライベートも忙しく、家でゆっくりする暇がなかった~と後悔しつつ、今日はホットタオルを首筋に当てたり、あしたるんるんの女子のおまもりエッセンシャルオイルを焚いてPC作業を続けております。おかげで幾分か頭痛が軽くなってきました。あーいい香りー(*'ω'*)

 

 

f:id:kokohare:20161208112954j:plain

 

kokohare.hatenablog.com

 

 

実は先月、一緒に勉強会に参加している3児のママさん(MさんとTさん)2人とPMSの話になったんです。この勉強会は、子どものしつけについての学習会なので参加されている方はみんな子育てに対してある程度意識のある方たち。それでもお二人とも、PMSの時期は精神的な波がかなり激しくなるそうでコントロールが効かないことにすごく困っているって言っていました。

 

 

Mさんは、「子どもたちに対するイライラが止まらない、頭でわかっているけどどうも自分が抑えられなく・・・」とのこと。

 Tさんは、「主人に『変だよ』って言われて生理前だと気が付く・・・」とおっしゃっていました。

 

 

なかなか男性には理解が難しいとは思うのですが、PMSで苦しんでいる女性は本当に多いです。しかも、年齢が上がるごとに症状がひどくなってきている気がするのは私だけでなくMさんもTさんもそう仰っていたので大方あっているのではないかと思います。

 

 

つくづく、自分のケアが大事だな~と痛感させられたそんな生理前でした。

 

 

 

kokohare.hatenablog.com

kokohare.hatenablog.com

 

トップへ戻る

「13祝い」って知ってますか?お祝いのお料理とか雰囲気など

ハイサイ☆島人ママです。

 

 

いきなりですが、13祝い(13ユーエー)ってご存知でしょうか?昨日は新年早々13祝いがあったのでご紹介しますね~。

f:id:kokohare:20170103012104j:plain

 

13祝いとは

数え年13歳に当たるため十祝いという、トゥシビー(生年祝い)の一つ旧暦正月後、最初干支の日に行われる生まれたときの干支が再び巡ってきた節目祝い、子ども達の成長を喜ぶ。とくに女の子の十三祝いは盛大に行う。

webilioより引用 

 なんだそうです。

 

 

私も従姉のお姉さんたちもやってもらったけど、オバーが

『昔は結婚(する年齢)が早かったから、女の子がお家で家族にお祝いしてもらう最後のトゥシビー(生年祝い)が13祝いだわけさ。だから、特に女の子の13祝いは大きくやるんだよー。』と教えてくれました。

 

 

そんなおばーは16歳で結婚したんだって。だから、おばーも13祝いがお家でやる最後の生年祝いだったんだね~。

 

 

今日の主役の女の子は私のいとこに当たる11歳(小学校5年生)。数え年でお祝いするので、沖縄では小学校5年生が学校で1/2成人式って言ってお祝いするところもあるくらいポピュラーなのです。

 

 

お正月で親戚がいっぱい集まる日なので丁度いい!ということで、急遽今日やることに決めたんだそう。お家によっては、主役は着物を着ていることもあるけど今日の主役のMちゃんはおしゃれな普段着でした。

 

 

ごちそうは、おばーとおばさんたちが作った中身汁、刺身の味噌和え、オードブルなどなど。オバーお得意のくずもちもあったけど、やっぱり一番人気はおばーの中身汁でした。なぜおばーの手料理ってあんなにおいしいんだろうね。昔オバーにそう言ったら、「てぃーあんだーも料理のうちさー」と笑っていたけど。ちなみにてぃーあんだーは「手のあぶら」(笑)。たぶん、調味料とは言えない何かが入ってるんだと思う。

 

f:id:kokohare:20170103011821j:plain

おばーのご飯は超オイシイ。

 

 

主役のMちゃん、最後には恥ずかしがりながら短い挨拶と得意の三味線を披露してくれました。「安里屋ユンタ」はおじさんおばさんも一緒に歌っていたら、いつの間にかおじさんが三味線持っていて「トーシンドーイ」が流れていました(笑)。

 

 

 

 

kokohare.hatenablog.com

kokohare.hatenablog.com

 

トップへ戻る

家事貯金なるものを始めてみた私の作り置き忘備録☆

ハイサイ!沖縄もやっと寒さを感じるようになってきましたよ。冬到来って感じです!

 

ちょっぴり今更感もありますが、家事貯金なるものを始めてみました。いっつもいっつも仕事から帰ってから夕食までのバッタバタの時間を過ごしていたので、ちょっとでも楽になればと思いおかずの作り置きを1か月間頑張ってみました。

 

 

1週目

https://www.instagram.com/p/BMynvanD3-p/

#作りおき#始めました#これでどれだけ楽になるか#お試し!#豚肉の角煮#味付け煮たまご#オクラの肉巻き#炊き込みご飯の具#きゅうりの酢の物#きんぴらごぼう#ワカメきゅうり#ひじきの煮物#カボチャ煮物#カラーピーマンのシソチーズ巻き#根菜の煮物フォロワーさんの作りおかずを参考に作りおき始めました。仕事帰り~夕ご飯のバタバタ?がどのくらい楽になるのか。楽しみだ!そーいえば金スマで作りおかずで痩せる!ってゆーのやってたなぁ。

 

 

2週目

https://www.instagram.com/p/BM-sjDwDScj/

#今週の作りおき#完成#所要時間5時間#もう少し手際よく#作れたら楽だな#これで来週も余裕?#今日の私ありがとう

 

 

3週目

https://www.instagram.com/p/BNj3oJGD6qr/

#今週も#つくりおき#来週分#ヘチマ味噌煮#きんぴらごぼう#ごぼうとひじきの炊き込みご飯#豚の角煮#ぶり大根#小松菜白和え#牛肉ピーマン#味噌汁用大根#味付け卵#きゅうりのたたき#豚キムチ

 

 

4週目

https://www.instagram.com/p/BOG1cpaDbWO/

#できたできた#来週の#作りおき#おかず#つくおき#味噌汁用大根 #きゅうりの酢の物#味付け卵#肉巻き#チャプチェ#手羽中甘煮#マーボー春雨#キャベツ千切り#きゅうりニンニク和え#白菜サラダ#パパイヤしりしり

 

 

作り置きをしてよかったこと

 

①手の込んだ料理、以前なら平日には絶対にできないと思われた煮込み料理なんかも平日の晩御飯のメニューに加えることができる。

②栄養バランスを考えておかずを選ぶことができるのに、帰宅後すぐにご飯が食べられる。

③平日の調理がほとんどないので台所が汚れない。後片付けが楽ちん。

④平日はほとんど温めるだけなのでガス代の節約にもなっているかも。

⑤弁当のメニューも含まれているので、朝も楽ちん。

 

 

 

これから改善したいこと

①レパートリーが少ないので同じメニューが毎週繰り返すことがある。

②平日の予定を頭に入れて作る品数を調整しないと余るおかずがでてくる。

③休日の約半日が作り置きの時間に費やされるので、もっと手際よく作業ができるようになるといい。目標2時間。

 

 

総合して・・・

作り置きをすることは、私自身にとってものすごく助かることだということがわかりました。夕ご飯を食べ終えた後、後片付けをする私をよそにTVの前にゴロンとなっているオットを見て殺意を覚えることがなくなったような気がします(冗談です♡)(*^^*)

 

 

何よりも帰ってきてすぐにご飯を食べられることと、後片付けが楽なのがいいですね。

 

 

料理自体は好きなので、あとはレパートリーを増やすことが目標!!

 

ということでこちらの本を購入しました 

 

金スマでも紹介されていましたね。伊藤かずえさんもこの作り置きおかずで痩せていました。伊藤さんの場合は、3食作り置きおかずを食べるというやり方でしたが、痩せるスピードは緩やかになるものの少量ならご飯も食べていいんだそうです。秘訣は糖質カット。だから、がっつり目のボリューミーなおかずも食べていいんですって!どうしても肉好きな我が家の夫と男子たちには、カロリーの低いものばかり食べさせちゃうと食後のスナック菓子をこっそり…ってことが多いので。

 

 

新しい年は作り置き料理のレパートリーを増やしつつ、夫にも健康的に痩せてもらおう!(私もね笑)

 

 

帰宅後のバタバタについてはこちらの記事↓

 

kokohare.hatenablog.com

 

 

 

kokohare.hatenablog.com

kokohare.hatenablog.com

 

 

トップへ戻る

沖縄で子連れランチができるお店を勝手にランキング!!ベスト5の発表です☆

子どもが生まれて、ワイワイと遊べる元気な子に育ってくれて…。親としては嬉しい反面、ゆっくりとランチしたいなぁって思う時でも、子どもは「早く遊びに行こうよ~」となかなか親のゆっくりとした時間に付き合うって難しいですよね。

 

 

もちろん、子どもたちを遊ばせたい気持ちもあるけど、お母さんもゆっくりコーヒー飲ませてよぉ!お友達とおしゃべりさせてよぉ!って時に重宝するのがキッズスペースがあったり、子どもも楽しく過ごせる場所。だからキッズスペースがあるカフェやレストランがもっと増えてくれたらいいなぁと思っています。

 

 

2016年も暮れに近づいてきたので、今日は子連れランチで私が勝手にランキングを作ってまとめてみたいと思います。

 

第5位 琉京甘味 SANS SOUCI(サンスーシー) 

キッズルーム付きのお部屋があることで有名なSANS SOUCIさん。カレーうどんや抹茶パフェもおいしいと評判ですが、薄味のおうどんもあるので、離乳食が始まった赤ちゃんも一緒に食べることができます。しかも、赤ちゃん用に「ぬるめ」のおうどんが注文できるなど、赤ちゃん連れにも優しい気遣いが嬉しかったです。

 

 

f:id:kokohare:20161216125033j:plain

 

もちろん、おむつ替え台も完備されていました。しかも、キッズルーム付きのお部屋は個室になっているので、子どもが泣いたりして周りが気になる場面でも安心してごはんが食べられます。

 

 

キッズスペースを大人のテーブルが取り囲むような形になっていて、食事をしながら子どもが遊んでいる様子を見ることができます。とってもかわいいスペースなのですが、我が家の男子は私のところへしょっちゅう来たがってしまい、結果裸足でキッズスペースを抜け出し母のそばまで来てまた戻る、ということを繰り返してしまい不便さを感じました。

 

 

お母さんも床に一緒に座っていたらあまり気にならなかったのかもしれませんが、その辺がちょっと使いづらいなと感じました。

 

 

お食事はとっても美味しかったです。親子丼とおうどんを注文しました。もちろん食後は抹茶パフェも食べました♡レジ横では京都から取り寄せたというちりめん山椒も購入してお家にお土産しました。

 

 

人気のお店なので開店時間ギリギリに行くとすでに行列ができていることもしばしばです。特に、キッズスペース付きのお部屋は埋まってしまうことがあるので、早めに予約を取ることをお勧めします。

 

 お店のHP

sanssouci-kitanaka.com

 

kokohare.hatenablog.com

 

 

第4位 海辺の食堂Kupu Kupu

  

北谷町の海沿いにある、正に海辺の食堂Kupu Kupuさんが4位です。席に座ると海が一望できます。広々としたキッズスペースにはおもちゃがたくさん。子どもたちはあっちこっちと動き回りながら飽きることなく遊んでいました。

 

f:id:kokohare:20151017180955j:plain

 

キッズスペースの壁にはのぞき窓があって、子どもが気になった時には外の様子をちらっちらと伺う姿が可愛らしいです♡キッズスペース壁際のベンチスペースに上ると顔をのぞかせることができるので、時々はこんな感じになっていました↓f:id:kokohare:20161216124108j:plain

 

 キッズスペースの中からママたちの様子を眺めるとこんな感じ↓

f:id:kokohare:20151017174257j:plain

 

 

メニューはいろいろありましたが、私が注文したのはパンケーキ♡なぜならパンケーキを食べるために行ったから。「沖縄で一番おいしいパンケーキ」と某ブログで紹介されたこともあるお店自慢の1品です。

 

 

f:id:kokohare:20151225060612j:plain

 

キッズスペースの広さと、美味しさで4位にランクインです♡

 

お店の情報:

沖縄県中頭郡北谷町字港15-58 2F

火曜定休日、8:00~営業(月~木17:00まで、金~日21:00まで)

 

kokohare.hatenablog.com

 

 

第3位 門の家(じょうのやー)

 

f:id:kokohare:20161216130642j:plain

ここは、お気に入り過ぎて何回も足を運んでいるところです(笑)。何よりも入りやすいところが最大のお気に入りポイントでしょうか。店長さんも飾らない、素朴なおじさんでフランクに話ができるところが面白いです。

 

 

店長さんの趣味で昭和のグッズをいろいろと集めて展示しているので、それを見るのもとっても楽しいですよ。売ったら超高そうな珍しいものもその辺に何気なく置かれているのもまた面白いです。

 

 

店内奥には、室内遊具がドドーンと置かれており、ご飯が終わった子どもたちはそこでよく秘密基地ごっこをして遊ぶのがお気に入りのようです。こんなでっかいウルトラマンもあって、男子たちはウルトラマンと記念撮影するのが習わしとなっています(笑)

f:id:kokohare:20151230134620j:plain

f:id:kokohare:20161216130016j:plain

 

子ども用のちびそばセットもあり食事も全体的にお安いので子連れのママ会の時にはよく利用しています。一番のお気に入りはチキン南蛮です♡

 

kokohare.hatenablog.com

 

お店の情報:

沖縄県中頭郡西原町幸地1019‐1

11:00~17:00(土・日・祝~21:00)

定休日 月曜日

 

 

第2位 Kozy’s Pizza(コージーピザ)

 

f:id:kokohare:20160404144325j:plain

 

SANS SOUCIさんと同じく外人住宅を改装したKozy’s Pizzaさんが第2位です。お店の奥2部屋がキッズルームになっており、しかも私の好きな床に座れるタイプでした。2部屋あるうちの1部屋がこんな感じ。もう一部屋は掘りごたつではありませんでした。

 

f:id:kokohare:20160404144726j:plain

これなら子どもたちも安心して遊べるし、靴を脱いだり履いたりする手間もないのでお母さんも何かあったらすぐに子どものところへ行けます。ありがたい♡

 

 

おむつ代も可愛くて広いです。

f:id:kokohare:20160404150307j:plain

 

子どもたちは、ピザやポテトなどお家ではあまり食べさせていないメニューだったこともあり2倍喜んでいました。生地から仕込んだ出来立てのチーズたっぷりのピザは格別!!チーズのとろけ具合にも興奮する男子たちでした。

 

f:id:kokohare:20160404144906j:plain

 

偶然同じ部屋の別テーブルに外人さんのファミリーがいて、その子とも言葉が通じないながらも交流する姿が見られましたよ☆

 

 

kokohare.hatenablog.com

 

お店のHP↓

kozys-pizza.com

 

 

 

✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨

そして栄えある(!?)第1位は・・・

 

第1位 mama's cafe Shi Shi

 

オーナーさんのご自宅の離れでこじんまりと営業されているお店ですが、ここでしか味わえない細やかな気遣いやお料理の美味しさ、子どもたちの遊べるスペースの快適さ等総合してShi Shiさんを第1位とさせていただきました。

 

 

二間続きのフローリングをお食事スペースと遊ぶスペースに分けて使っています。子どもたちが遊ぶスペースにはボールプールや木のおもちゃなどがそろえられています。お片付けの工夫もお家で取り入れらそうですよ。ぜひ真似してみてください。

 

 

お食事は大人用のほかに離乳食と幼児食を注文することもできます。子供たち用のお皿やコップなどもこぼれない工夫があったり、バウンサー、おむつ替え台などいたるところに子育てをしているママならではの工夫がいっぱいです。

 

 

お料理もおとても丁寧に作られているな、と毎日作る側の主婦としてはありがたさを感じる内容でした。作り手のぬくもりが感じられる料理ってこんなんなんだな~と思わず感激してしまったひと時でした。メニューの一つ一つ、スープに至るまで家庭では挑戦したことのなかったものばかりだったのでそれも勉強になります。

 

 

 

お料理からサービス、そして何より店主さんの人柄まで、言うことなしのお勧め店です♡

kokohare.hatenablog.com

 

お店のHP↓

mamas-cafe-shishi.jimdo.com

 

 

赤ちゃんの夜泣きにおすすめのカモミールティー

 

こんな記事も書いてます↓☆

kokohare.hatenablog.com

kokohare.hatenablog.com

kokohare.hatenablog.com

kokohare.hatenablog.com

kokohare.hatenablog.com

 

トップへ戻る