読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島人ママの親子で楽しむ!めんそーれ子育て情報局

沖縄で楽しく子育てをテーマに、沖縄で過ごす休日・観光に親子で楽しめる、遊び場やお食事処をご紹介。子育てコラムもおすすめです♥

偉いぞ夫!!「禁煙2周年記念」のお祝い♡

今日は珍しく夫の話を。

 

 

我が家の夫(42歳)は、ちょうど2年前、20年以上続けていた喫煙生活に別れを告げることができました。そう、めでたく禁煙に成功したのです。

 

https://www.instagram.com/p/BHByhSoB5-e/

#やったね!#よく頑張った!#夫#禁煙#二周年#三周年も#お祝いしよう!

 

夫の父親も喫煙者で、未だに煙草をやめられない(やめる気もなさそう)のですが、息子である夫が禁煙に成功したと聞いて義母も相当喜んでいました。

 

 

どうやって禁煙に成功したのかというと、答えは簡単。「禁煙外来」に通院したのです。通院回数は5回、費用は2万円ほどでした。保険がきくので助かりますし、一度保険を使って通院し、挫折してしまった人でも一定の期間が過ぎればまた保険適用されるみたいです。

 

 

それまでに何度も禁煙を試み、挫折していた夫。和達しがいくら禁煙外来を勧めても、気合でやめられると本気で思っていたようです。電子たばこを買ってみたり、周りに宣言してみたり、家の壁に「禁煙」と書いた紙を貼ってみたり。どれもうまくいかず、最長でも3日過ぎると挫折してしまう有様でした。

 

 

夫曰く、「いい調子で禁煙できていても、飲み会の席で煙の臭いがしたら我慢できなくなる」とのこと。だったら飲み会に行かなきゃいいじゃんという感じですが、飲み会だけじゃなく、街中でも吸っている人がいたり煙草の臭いがするとすいたい衝動に駆られるみたいです。

 

 

結局、ニコチンに依存している状態なので夫の場合はお医者さんの手を借りることでその状態から脱することができたみたいです。

 

 

でも、禁煙して3か月くらいは吸いたい気持ちは結構強くあったみたい。苦しんでいました。そこから半年過ぎたあたりでも、タバコを吸ってしまう夢を見て超びっくりしたとか言っていましたので、相当な我慢と努力をしていたみたいです。

 

 

そんなこんなで禁煙から無事に2年が過ぎ、家族でケーキを囲んでささやかなお祝いをしました。また、褒められて伸びる子なので、家の実家の母にもさりげなく『褒めて』と伝え、しっかり褒めたたえてもらいました。まんざらでもなさそうな夫(笑)

 

 

あとは体重をせめて5キロくらい落としてくれるといいけどな。来年もまたみんなでケーキ食べたいね~♡

 

 

 

kokohare.hatenablog.com

kokohare.hatenablog.com

 

トップへ戻る