島人ママの親子で楽しむ!めんそーれ子育て情報局

沖縄で楽しく子育てをテーマに、沖縄で過ごす休日・観光に親子で楽しめる、遊び場やお食事処をご紹介。子育てコラムもおすすめです♥

大量のゴーヤー 活用方法

私の住んでいる地域では、お庭の片隅でゴーヤーを栽培しているお宅が多くおすそ分けをいただく機会が多くあります。なんともありがたい文化♡

 

f:id:kokohare:20180729110516j:plain

 

しか~し!子どもたちはゴーヤーがあまり好きではなく、ゴーヤーちゃんぷる~は私と夫がメインで食べるのですが、連日ゴーヤーちゃんぷるを作っていると夫も飽きてくるようで・・・。ゴーヤーちゃんぷる以外の調理を始めました。

 

 

 

ゴーヤー天ぷら・・・ゴーヤーのワタを取って輪切りにします。塩コショウと片栗粉を振って揚げるだけ。めんつゆでいたダクト苦さが和らいで子どもたちもよく食べています。そうめんと一緒に出すとさらによく売れます。

 

 

 

ゴーヤーのラッキョウ酢漬け・・・我が家ではこの夏1番のヒットです。ワタを取ったゴーヤーを1センチくらいの厚さに切ってさっと茹でるOR熱湯を回しかけます。タッパーにラッキョウ酢を入れてゴーヤーをINしたら、氷砂糖を10~15粒ほどパラパラ入れて冷蔵庫で1日冷やすとできあがり。

 

 


サラダに・・・レタスやキャベツと一緒にスライサーで薄く刷ったゴーヤーを合わせて混ぜちゃいます。スライサーで刷ったあと、冷水にさらしてしぼると苦さが和らぎます。

 

 

 

ゴーヤーチップス・・・サラダの時のようにスライサーで薄く刷ったゴーヤーに片栗粉をまぶして揚げます。いくつかまとまったりしますが、そのままでOK。パラパラ塩を振ったり、マヨネーズを付けていただきます。こちらも子どもたちに人気。

 

 

 

もずくの天ぷらに・・・塩抜きしたもずくにニンジン、玉ねぎ、ゴーヤーのスライス(他にもお好みの野菜なんでもOK)を混ぜて卵、小麦粉を合わせ、だしの素や塩などで味を調えて揚げる。かき揚げ風ですね。

 

 

 

まだまだゴーヤーの活用法はあると思いますが、アイディア料理を知っている方、特に子供が食べやすいゴーヤー料理をご存知のお方はぜひご一報ください♪

 

 

 

 

kokohare.hatenablog.com

 

トップへ戻る