読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島人ママの親子で楽しむ!めんそーれ子育て情報局

沖縄で楽しく子育てをテーマに、沖縄で過ごす休日・観光に親子で楽しめる、遊び場やお食事処をご紹介。子育てコラムもおすすめです♥

沖縄県立博物館・美術館『木梨憲武展』に行ってきたよ

那覇市 雨の日遊び場

去った休日、沖縄県立博物館・美術館で開催される『木梨典武展」へ子どもたちを連れて行ってきました。

 

f:id:kokohare:20160309162040j:plain

 

県立博物館・美術館は、半年に1回くらい行きます。催し物のCMに子どもたちが反応するから。これまでにも「人体の不思議展」や「大哺乳類展」などで来たことがあります。今回は私の母の強い勧めもあって(母2回目)一緒に行ってきました。

 

 

一言で言うなら『カラフルでポップ』な世界観…かなぁ。やっぱり芸術っていうのは言葉では表現できないものですね(汗)。あの、テレビで観る「木梨典武」さんのイメージからはちょっと想像できないというか、こんな才能もあったんだ~と感心してしまいました。

 

 

絵だけでなく、日用品を使ったオブジェや木梨さんの蝋人形もあり、次男は泣いていました(笑)。本物みたいだったからです。

 

 

 また、夫婦で見に行ったある人の感想では、「ガラクタでもこの人の手にかかればアートになるんだな」ということでした。段ボール片や木材片、食べ物や日用品の包みなどで作られた作品もあり、それも結構大きいもので見ごたえがありました。私個人的には絵よりもオブジェの方が熱心に見入ったので、そっちの方が好きだったかもしれません。

 

 

子どもたちを連れて行ってよかったと思ったのは、美術館での行動の仕方を教えらっれたこと。絵はもちろん触っていけなかったり、近寄ってはいけない作品があったりと、普通の遊び場では制限されないことがだめなところもあるという、TPOをしっかりとおしえられること。これが経験だと思いました。

 

 

長男(5)は長女(14)が手を「摑まえて」次男(2)は抱っこ&ベビーカー(借してくれる)で3人とも静かに美術作品の鑑賞ができました。

 

 

作品から何を感じ取ったかはわかりませんが、次男(2)は絵を観ては「ぞう!ぞう!」「とりさん!」と、彼の目で見えるものを耳打ちしていました。

 

 

大人1,200円、中学生600円で、9:00~18:00(土日は20:00まで)です。前売り券は売り切れてしまっていました。

 

 

ちなみに、博物館エリアの常設展示場も面白いですよ。ここは常設なので、何かの催し物のついででもいいかもしれません。

 

 

木梨憲武展×20years』INSPIRATION 瞬間の好奇心

・会期 平成28年2月9日~平成28年3月21日

・休館日 毎週月曜日(ただし3月21日は開館)

・会場 沖縄県立博物館・美術館企画ぎゃらりー1・2

(所在地 沖縄県那覇市おもろまち3丁目1番1)

・開館時間 9:00~18:00(金・土は20:00まで)

※入館は閉館の30分前まで 

 

 

kokohare.hatenablog.com

 

トップへ戻る