読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島人ママの親子で楽しむ!めんそーれ子育て情報局

沖縄で楽しく子育てをテーマに、沖縄で過ごす休日・観光に親子で楽しめる、遊び場やお食事処をご紹介。子育てコラムもおすすめです♥

ディーラーの営業さんから教えてもらった車を安く買う方法~我が家の車買い替え体験記その⑥~

長い間とん挫していた我が家の車買い替え体験記ですが、実は夫婦間で車種についてもう一悶着ありまして・・・汗。やっと決着が付き、結局シエンタの購入へと再度進み始めたのでこうやって更新することができました。

 

 

とは言っても、車の一番安いと言われる決算の時期もとうに間に合わない時期になってしまい、すっかり戦意喪失です(トホホ)。

 

 

気を取り直して以前別のお店で出してもらった見積書(2店舗分)を持って新たな店舗を尋ねます。こちらは本命の口コミ評判のいいディーラーさんです。

 

 

ちょうど欲しいと思っていた色の現物も見ることができました。ラッキー♪

 

f:id:kokohare:20160312004350j:plain

f:id:kokohare:20160312091333j:plain

 

シエンタのメーカーはトヨタですが、トヨタにもネッツとカローラという系列の違う2社があることも今回初めて知りました。ディーラーの方に何が違うのか聞いてみると、「…会社が違います」と、何ともぼんやりとした回答でした(笑)。でも、接客してくれた営業さんがちょっと乙女系の若い男の子だったのでそんなぼんやりとした回答も許せてしまいました。

 

 

結論から言いますと、まだ成約には至っていないのですが、この乙女系の若い営業さんが車を安く買う方法について本当に丁寧に教えてくれたので、これから車の購入を考えている方に参考になれば幸いです。

 

 

・純正のオプションについて

純正のオプション(足の下に敷くマットとか、カーナビとか、オーディオ類)は高いです。オー〇バックスなどのカー用品店で買えば同じような性能のものが半額~それ以下で買えるそう。さらに言えば、インターネットで探して買うともっと安いそうですが、これは規格が合っているかとか、本当に安いかと言う点で選ぶのがちょっと難しいので車に詳しい人に教えてもらってからの方が無難かもしれません。「僕は安く買うために純性のものは何もつけないで買うようにしています。」と言っていました。

 

 ちなみに、最初の見積もりで(必要な物だけでお願いしますと言って)出してもらったオプションの合計金額は169,333円。単純にこれが半額になるとすると8万円強安くなる計算になります。

 

 

・代行費用の節約について

車の見積もりを取った時に、「納車費用」と「車庫証明代行手数料」というのがあるのですが、実はこれも自分で行うことでカットできる費用だそうです。ちなみに、納車費用は19,440円、車庫証明代行手数料は11,556円で計算されていました。これだけで約3万円安くなります。

 

このほかにも現在乗っている車のオーディオがまだ使えるので、それを載せ替えすることで純正でお勧めになっていたCDチューナー30,240円が0円に。下取りなども高く買ってくれるところに出すことで合計で15万円くらいは簡単に安くできそうです。

 

 

これなら言い値で買うことがいかに損かわかっていただけると思います。

 

 

乙女系の営業さんによると、ローンも金利がお店によって色々なので何店舗か見て回った方がいいとのこと。

 

 

まだやることはいっぱいですが、5月の車検まで手間を惜しまず少しでも安く買う方法で頑張りたいと思います。