読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島人ママの親子で楽しむ!めんそーれ子育て情報局

沖縄で楽しく子育てをテーマに、沖縄で過ごす休日・観光に親子で楽しめる、遊び場やお食事処をご紹介。子育てコラムもおすすめです♥

沖縄そばには欠かせない 軟骨ソーキの作り方

用意するもの(3~4人分)
・軟骨ソーキ(700g)
・醤油(大さじ4~5)
・黒糖なければ砂糖(大さじ2)
・だしの素(1/2袋)
・生姜(適量)
・料理酒(1カップ)


作り方
①鍋にたっぷりのお湯を沸かし、臭み消しの生姜を入れます。
②①の鍋に軟骨ソーキを入れて茹でます。

f:id:kokohare:20160101175650j:plain


③一端軟骨ソーキをざるにあげ、水で肉を洗い余分な油を落とします。


f:id:kokohare:20160101175704j:plain


④フライパンを洗い、再び軟骨ソーキを投入。
⑤調味料を入れて弱火で煮汁がなくなるまで煮たら完成☆


f:id:kokohare:20160101175715j:plain

わが家は大体、前の晩の夕食時に②まで済ませ、夕食後、寝る前までに③④⑤で完成させてから翌日の夕御飯に食べるという感じです。仕事から帰ってきて一品出来上がっているので助かります。



新じゃがの時期は、新じゃがを皮付きのまま一緒に煮たりもします。今回はゴボウがあったので一緒に煮ました。


沖縄そばにはほとんど入っている『ソーキの煮付け』。ソーキとは、沖縄の方言で『あばら骨』のこと。スペアリブの部分のお肉を甘辛く煮付けにした料理です。


ソーキ肉はちょっとお高めなので、我が家では普段食べるものは軟骨ソーキを使っています。軟骨ソーキはソーキ肉の1/3くらいの値段で購入できます。